※高速化の代わりに表示が崩れる場合があります。

GoPro HERO7 BLACK購入!登山&ロードバイクが主な用途な僕がこのアクションカムを選んだ4つの理由

goproサムネ1 ガジェット
スポンサーリンク

9月27日に発売されたGoPro HERO7の最上位モデルBLACKを購入しました。

最近キャンプや登山、ロードバイクなど、アウトドアで外に出る機会も多くなったのと、映像で記録も残しておきたいなと思い購入。

この記事では、GoPro HERO7を購入した理由をメインに書きます。使用レビュー、感想は別記事であるのでそちらをどうぞ。

GoPro HERO7 BLACKを選んだ理由

数あるアクションカムの中でGoProを選んだのにはいくつか理由があります。
箇条書きでまとめると

  • 普通のカメラじゃ大きすぎて邪魔。コンパクトで邪魔にならないものがいい
  • USB充電しながらの撮影は避けたい。内部バッテリーではなく外部バッテリー式が欲しい
  • 登山とロードバイクで使うので、強力なブレ防止機能が欲しい
  • 雨に濡れても、水溜りに落としても大丈夫な防水性能が欲しい

こんなところです。購入する理由で悩んでいる方のために、一つ一つ詳しく説明していきますね。

GoProHero7はコンパクト デジタル一眼での撮影は手が塞がるのでNG

大阪の街中を歩いているとデジタル一眼とかミラーレスとか普通のカメラで動画を撮っている人を見かけます。

山でも一眼レフを使っている方もちらほら見かけますが、基本は景色や野鳥を撮るため。

一眼レフで登ってる動画を撮ろうとすると、片手が塞がって怪我の元にもなるし、迷惑にもなるのでNG。

あきよし
あきよし

片手塞がれた状態で登山するなんて命知らずなことはしたくない

GoProならこんなアクセサリーを使ってザック(リュック)の肩ひもにつければ、手が塞がることもなく安全に撮影できるのが購入の決め手になりました。

ロードバイクでもフレームに付けられるマウントを導入すれば邪魔にならずに使えますしね。

『コンパクトで邪魔にならない』登山、ロードバイク、アウトドアで使うには必須アイテムですね。

あきよし
あきよし

それと一眼使って自撮りする勇気がない!

GoProHERO7はサッと交換できる外部バッテリー式

GoProhero7black&insta360one

長時間撮影しているとバッテリーがなくなることはよくあります。内蔵バッテリーの場合モバイルバッテリーと繋いで、充電しながら撮影していたこともありますが、それがけっこう邪魔。

よく使うinsta360 Oneは内蔵バッテリーだったんですよね

撮れる映像はかなり良かったんですが、邪魔さ加減もあって一度充電が切れるともう終わりという使い方になってました。

外部バッテリーの場合は、サッと交換するだけで満充電から使えるので撮影中にモバイルバッテリーを繋いで…って必要はなくなります。

予備バッテリーを持ち運ばないといけないデメリットはありますが、サッと交換できてケーブルなど取り回しに邪魔になるものもないことを考えると些細な問題です。

あきよし
あきよし

交換の手間と撮影中の手間 どちらを取るかと考えたら僕は交換の手間を取りますね

GoProHERO7は強力な手ブレ補正『HyperSmooth』を搭載

登山、ロードバイクで使うとなるとブレはどうしても起きてしまうんですよね。

ロードバイクなんかサーッと走っているイメージがあるかもしれませんが、大体の路面で小刻みなブレが起きます。

ブレが起きるとあまりにもガタガタな映像で何を映しているのかわからないこともよくあるので、強力な手ブレ補正付きを選ぶことにしました。

GoPro Hero 7 Black Review for MTB Footage – Hyper Smooth, Superb Audio & Video and best settings

GoPro HERO7には、BLACK SILVER WHITEの3つのグレードがあります。最上位機種のBLACKには、HyperSmoothという強力な手ブレ補正機能があるので買うならこれかなと。

SONYのFDR-X3000 4Kと悩んだけど防水面を重視してGoProHERO7を選択

GoPro購入前はSONYのFDR-X3000 4Kとどっちを買おうか悩んでいましたが、北岳(3,000m級の山)登山で遭遇した豪雨で、スマホが見事に水没状態に。

あきよし
あきよし

そんな経験もあったので、防水性はかなり必須な項目になりました。

先程名前を出したSONYのFDR-X3000 4Kは夜に強くて、録音の音質はかなり良いので魅力的。

なんですが、防水ハウジングをつけていないと生活防水レベル(IPx4)。激しい雨には耐えられないだろうし、水溜りに落としてしまったら流石にアウトだろうということで、ハウジングなしでも水深10mまでの耐水性能があるGoPro HERO7 BLACKを選びました。

あきよし
あきよし

防水性を過信してはいけないけど、そのまま水中に入れるレベルはかなり安心できます。

僕はGoPro HERO7 BLACKを選んだ!

雨でも防水ハウジングなしで使えるのはかなり良いポイント。アクセサリーも豊富なので使い次第レビューしようと思います。

あきよし
あきよし

実はすでに何点か使ってます!

登山、ロードバイクなどなど撮影してみたらレビュー、感想記事も書くので是非読んでください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました